カーディーラー、やめます。

携帯電話がスマートフォンに、手紙がメールに変わっていったように、

時代の進化によってさまざまなモノやコトが、
その存在価値を変化させてきました。

果たして私たちはどうでしょう?

これまで私たちは、あたり前のようにカーディーラーと呼ばれてきました。
なぜならお客さまにクルマを販売するお店だからです。

でも、あらためて毎日のことを振り返ってみると、
時にはコーヒーを飲んでくつろげるカフェのようでもあり、

新しい情報や刺激的な出来事が行き交うターミナルでもあり、

人生を楽しむヒントがいっぱい詰まったライブラリー、
あるいは夢を語り合う未来の入り口だったりもするのです。

もはやカーディーラーは、カーディーラーの枠を越え、
その存在価値を変化させつつあるのかもしれません。

だからこそ、私たちも変わらなくてはいけないと強く思うのです。

だけど変わることはそう簡単なことではありません。

変わることは勇気がいるし、エネルギーだって使います。

そして何より、変わることに対する不安もあります。

だけど変わりたいと思った瞬間から、未来は動きはじめるのだと思います。

これからどう変わっていくべきなのか、その答えはまだ見つかりませんが、

変わることを信じる私たちは、変わることを恐れないのんさんと共に、

そしてあなたと一緒に、

未来の扉を開けたいと思います。